高齢出産ママの強い味方!グッタリの日が少なくなるモリンガの効果

産後ケア/2019.08.01

私が娘を産んだのは46歳。
ひとつ前の出産からは11年経過していて友達との話題に「更年期」というワードが増えてきた頃でした。

祝福というよりは身体の心配のほうが多かった

妊娠直後のイベントでモリンガ商品を出品

妊娠直後のイベントでモリンガ商品を出品

産むことを伝えると、産後の体調不良や産後鬱の話を聞くことばかりで「大丈夫なのか?私」と、結構ブルーになってしまうことが多かったかも。

これまでの妊娠時もつわりがひどかったけど、超々高齢ハイリスク出産は出産までずっとつわりが続き、何を食べても口の中がまずい。。。

それと一番困ったのが妊娠後期の高血圧。妊婦検診で血圧を測定するたびに、140〜160/90〜95まで上昇。家で測れば120/80なのに検診の度に高いので何度も血液検査しました。

会えることを楽しむための三ヵ条

妊娠直後に中国でバイオプランナーとしてのお仕事

妊娠直後に中国でバイオプランナーとしてのお仕事

何事にもせっかちで自分でやらないと気が済まない性分。「前世は回遊魚」と言われるほど予定を詰め込んでいないと落ち着かない私。
不調で仕事や家事がまともにできず焦っていると主人からのお達しが…

とにかく無理をしない。
この三ヵ条が、自分の身体と向かい合い赤ちゃんの成長を見守る大切な時間になったことは言うまでもありません。

産後のリカバリーはモリンガで

高齢出産1ヶ月後の私と娘

高齢出産1ヶ月後の私と娘

産後の1ヶ月検診。
娘は体重も増えて順調に成長。

私の身体は…というと、妊婦の時のように高血圧が続いていて、この日は何度測っても150を超え、5回目の測定で160/120とすごい値を打ち出してしまい焦る焦る。
寝起きにフワフワしていたのはそれだったのか…と自覚しました。

若いときは低血圧で酸素不足になってると言われ、今回は高血圧だと…

産婦人科の先生曰く、40代になると更年期も入ってくるので低血圧が高血圧になることはよくある話のようです。高血圧はいろいろな病気を招いてしまいますから、早めの対処が必要です。

高血圧だけではありません。産後は寝不足が続き、添い寝しているつもりがいつしか気絶状態。これは若くても歳を重ねていても同じことですね。

でも、高齢出産後の体力の消耗の激しさは半端ないです。とにかく起きれない…身体全体が重くて寝返りがやっとなくらい。無理して起き上がっても、意識はモウロウ。母乳やミルクをあげたまま寝ちゃって、娘の顔にかかって泣き出して慌てるくらい。この疲れを完全にとることはできなくても何とか半減することができればいいな。。。

それには何ができるだろうか?と探し始めた時にはもう目の前にあったんですよ〜!スーパーフード!モリンガ!!

私が実践したのはモリンガ茶を飲むこと

高齢出産3ヶ月後の私と娘

高齢出産3ヶ月後の私と娘

妊娠中は子宮が収縮するため摂取量の調整が必要なモリンガですが、実は食べ物からしか吸収できない必須アミノ酸やビタミン、ミネラルの宝庫。
鉄分や食物繊維、GABA、ポリフェノールなども含まれてていて、サプリメントを摂るよりもバランスよく高栄養なので「生命の木」と呼ばれているんです。

私が実践したのはモリンガ茶を飲むこと。
1ヶ月検診後すぐに飲み始めました。

モリンガ茶はサプリとは違うし、カフェインゼロなので母乳を与えているママでも安心して飲めるお茶です。

気絶状態は変わらないものの、短時間でも熟睡ができるようになって、体の軽さが全然違う!本当に疲れが半減してくれたんです。

疲れが溜まっていないとなぜわかるのか。それは、お茶を飲んでいる日と飲んでいない日の夕方の疲れ方が違うんです。
たぶん、夕飯のメニューも変わってくるんじゃないかしら(笑)

3ヶ月後には血圧も通常に戻り、仕事にも復帰。予定していた海外出張にも滞りなく行くことができました。
でも、妊娠前より家事も育児も仕事も無理をしない。疲れたら休む。

これはいまだ実行中です。

今、私が飲んでいるモリンガ茶は『Milkissさんのモリンガ茶』です。

同じタグの記事を探す